ナミオトシブミ

トップ > 甲虫目 > オトシブミ科

 「ナミオトシブミ」は北海道から九州にかけて分布するオトシブミ科オトシブミ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は5月から8月で,雑木林などの樹上で見ることができます。
 全身が黒色で上翅が赤っぽい色をしていますが,個体差があります。初夏にハンノキやクヌギ,コナラなどの葉を巻いて,中に卵を産み付けます。その形が昔の「落とし文」に似ているところから,この名前が付きました。ちなみに「落とし文」とは,道などにわざと落としておく手紙のことだそうです。