ウスバカミキリ

トップ > 甲虫目 > カミキリムシ科

 「ウスバカミキリ」は北海道から沖縄にかけて分布するカミキリムシ科ノコギリカミキリ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は6月から8月で,夜行性であるので夜に樹液や灯火に集まってきます。
 全身が褐色で上翅が薄い,大きなカミキリムシです。昼間は衰弱木や枯れ木などに潜み,夜になると活動を始めます。幼虫は各種の広葉樹や針葉樹の衰弱木や倒木などを食害し穿坑します。