キイロテントウ

トップ > 甲虫目 > テントウムシ科

 「キイロテントウ」は本州から沖縄にかけて分布するテントウムシ科テントウムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は4月から10月です。
 前翅は光沢のある黄色で鮮やかですが,体長4〜5mm程度の小ささですので,あまり馴染みがないかもしれません。他のテントウムシがアブラムシなどを捕食するのに対し,キイロテントウはウドンコ病菌などの菌類を食べます。どちらにしてもテントウムシは益虫です。