オジロアシナガゾウムシ

トップ > 甲虫目 > ゾウムシ科

 「オジロアシナガゾウムシ」は本州から九州にかけて分布するゾウムシ科アシナガゾウムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は4月から10月でクズが生育するような林縁や草地などで見ることができます。
 体は白と黒の模様になっていますが,これは鳥の糞に擬態していると言われています。ちなみに白い部分は細かい毛が生えている部分です。成虫はクズの葉を食べますが,雌はクズの茎に穴を開け卵を産み,幼虫はその中で育ちます。