オオクロクシコメツキ

トップ > 甲虫目 > コメツキムシ科

 「オオクロクシコメツキ」は本州から九州にかけて分布するコメツキムシ科クシコメツキ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は5月から8月で,草原や雑木林,畑などで見ることができます。
 全体が黒褐色で光沢があり,細かい黄色毛でおおわれています。仰向けにひっくり返すと,パチンと音を立てて元に戻る動作が,米をつく様子に似ているところから「コメツキムシ」の名前がつきました。幼虫のときは朽ち木などを食べますが,成虫は肉食で小さな昆虫などを食べます。