モモブトカミキリモドキ

トップ > 甲虫目 > カミキリモドキ科

 「モモブトカミキリモドキ」は北海道から九州にかけて分布するカミキリモドキ科カミキリモドキ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は4月から6月で林縁などのほか都市郊外でも見ることができます。
 全身が黒色で,雄の後脚の付け根がが太くなりますが,雌は太くなりません。体液に毒素を含むので皮膚に付くと痛みと水ぶくれを生じます。

 上の写真のの個体は,後脚が細いので雌です。