カブトムシ

トップ > 甲虫目 > コガネムシ科

 「カブトムシ」は本州から沖縄にかけて分布するコガネムシ科カブトムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は6月から8月で,山地から平地の広葉樹林などで見ることができます。  夜行性であり日が暮れてから活動を始め,クヌギやコナラなどの樹液を吸いますが,昼間も樹液を吸っている姿を見かけることもあります。幼虫は腐植土を食べて大きくなります。