イチモンジカメノコハムシ

トップ > 甲虫目 > ハムシ科

 「イチモンジカメノコハムシ」は本州から沖縄にかけて分布するハムシ科カメノコハムシ亜科のハムシです。成虫の出現時期は4月から10月で,山間部で見ることができます。
 本種を上から見ると全体が黒褐色で周辺部が透明で,中央部が金色をしています。また後方に黒色の部分が張り出しています。「セモンジンガサハムシ」に似ていますが,セモンジンガサハムシは背部に金色の「X」の模様があります。成虫・幼虫ともムラサキシキブやヤブムラサキの葉を食べます。
→セモンジンガサハムシ