アオバアリガタハネカクシ

トップ > 甲虫目 > ハネカクシ科

 「アオバアリガタハネカクシ」は北海道から沖縄にかけて分布するハネカクシ科アリガタハネカクシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は5月から10月で,水田や川原,池沼付近の湿った草地などで見ることができます。
 一見すると翅が無いよう見えますが,前翅(体の中央部の青い部分)の下に後翅を折りたたんでいます。体液にはヘデリンという毒があり,皮膚に付着すると炎症を起こし火傷をしたときのような痛みがあります。