カクムネベニボタル

トップ > 甲虫目 > ベニボタル科

 「カクムネベニボタル」は本州から九州にかけて分布するベニボタル科の甲虫です。成虫の出現時期は5月から8月で,林縁部などで見ることができます。
 上翅は朱赤色で,前胸背部は四角形で黒色をしています。雄の触角は櫛状をしており,雌は鋸状をしています。「クシヒゲベニボタル」に似ていますが,上翅表面の隆条列が,クシヒゲベニボタルは4本に対し,カクムネベニボタルは9本あります。また前胸部の形がクシヒゲベニボタルが後ろの角が横に張り出しているのに対し,カクムネベニボタルは四角形になります。