カラカネハナカミキリ

トップ > 甲虫目 > カミキリムシ科

 「カラカネハナカミキリ」は本州から九州にかけて分布するカミキリムシ科ハナカミキリ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は5月から8月で,低山から高山帯まで幅広い場所で見ることができます。
 上翅の色は青紫色から赤銅色まで様々ですが,点刻に覆われ,光沢があります。脚は関節の周辺が黒色で,ほかの部分は黄褐色をしています。成虫はノリウツギなどの花に集まり,幼虫の寄生植物は広葉樹から針葉樹まで広範囲にわたります。