カタクリハムシ

トップ > 甲虫目 > ハムシ科

 「カタクリハムシ」は北海道から九州にかけて分布するハムシ科ノミハムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は4月から6月で,低山地から山地で見ることができます。
 体色は赤で,深い点刻があるのが特徴です。成虫はウバユリやカタクリなどの葉を食べ,幼虫はユリ科の鱗茎を食べます。普通種ですが山野のユリ科植物の減少に伴って数を減らしているようです。