キバネニセハムシハナカミキリ

トップ > 甲虫目 > カミキリムシ科

 「キバネニセハムシハナカミキリ」は本州から九州にかけて分布するカミキリムシ科ハナカミキリ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は4月から7月で,平地から山地の広葉樹林の林縁やその周辺で見ることができます。
 前胸背と小楯板は黒色をしており,上翅は黄褐色をしています。成虫は昼行性で様々な花に集まり,幼虫は朽木の中で摂食しながら越冬します。