オオヒメハナカミキリ

トップ > 甲虫目 > カミキリ科

 「オオヒメハナカミキリ」は本州から九州にかけて分布するカミキリムシ科ハナカミキリ亜科の甲虫です。成虫の出現時期は6月から8月で,低山地からブナ帯にかけて見ることができます。
 本種はハナカミキリの中では大型です。また前胸部と頭部は黒褐色で,前胸の前縁と後縁が黄褐色になることが同定の一つになります。上翅の会合部には黒条がありますが,その太さなどは個体差があります。