キイロクワハムシ

トップ > 甲虫目 > ハムシ科

 「キイロクワハムシ」は本州から沖縄にかけて分布するハムシ科ヒゲナガハムシ亜科の甲虫です。成虫の出現時期や生息地などは不明ですが,クワやコナラ,タラノキなどを食樹にしています。
 体色は触角や脚も含めて淡黄色をしています。「ウリハムシ」に似ていますが,ウリハムシより色が薄く弱々しい印象を受けます。以前は「ウスイロウリハムシ」と喚ばれていましたが,ウリ科植物には寄生しないことなどから,改名されたようです。