ミヤマベニコメツキ

トップ > 甲虫目 > コメツキムシ科

 「ミヤマベニコメツキ」は本州から九州にかけて分布するコメツキムシ科ベニコメツキ亜科のコメツキムシです。成虫の出現時期は5月から8月で,低山から亜高山帯の林内などで見ることができます。
 体色は黒で,上翅は赤く明瞭な点刻が条状に並びます。本種は「ニホンベニコメツキ」と似ていますが,本種は前胸部背部に横溝があるのに対し,ニホンベニコメツキはありません。他にも上翅の付け根部分にある小盾板の形状で見分けることができるそうです。

 前胸背部に,窪みが3ヶ所あるように見えます。
 また赤丸で囲んだ部分が小盾板ですが,これが屋根状に隆起しているのがミヤマベニコメツキで,途中で隆起が弱まるのがニホンベニコメツキだそうです。