カワラハンミョウ

トップ > 甲虫目 > ハンミョウ科

 「カワラハンミョウ」は北海道から九州にかけて分布するハンミョウ科のコウチュウです。成虫の出現時期は7月から9月で,砂浜や河川の砂地などで見られますが,近年は生息地が減少しています。
 体色は濃褐色で,上翅には白紋が見られますが,この模様には様々な変異が見られます。成虫は地表を素早く歩き回るほか,長い距離を低く飛翔します。幼虫は砂地に縦穴を掘り待ち伏せをして昆虫などを補食します。