ウルマーシマトビケラ

トップ > トビケラ目 > シマトビケラ科

 「ウルマーシマトビケラ」は北海道から沖縄にかけて分布するトビケラ目シマトビケラ科の昆虫です。成虫の出現時期は4月から10月で,河岸近くの草木や樹林などで普通に見ることができます。
 前翅は網状紋があり,後翅は半透明で暗色をしています。幼虫は水生で,上流から中流の石の下に巣を作り,落ち葉や藻類を食べますが,成虫になると何も食べません。