ハッチョウトンボ

トップ > トンボ目 > トンボ科

 「ハッチョウトンボ」は本州から九州にかけて分布するトンボ科アオビタイトンボ亜科のトンボです。成虫の出現時期は5月から10月で,平地から低山地の湿地や休耕田の水深の浅い場所などで見ることができます。
 日本最小のトンボとして知られ,成熟した雄は全身が赤くなりますが,雌は薄い黄色と褐色の斑紋の模様になります。実際に飛んでいる姿を見ると,トンボというよりアブが飛んでいるように見えます。