ヤマサナエ

トップ > トンボ目 > サナエトンボ科

 「ヤマサナエ」は本州から九州にかけて分布するサナエトンボ科サナエトンボ亜科のトンボです。成虫の出現時期は4月から8月で,平地から低山地の流れのある水域で見ることができます。
 大型のサナエトンボで,胸部側面に黒条が2本あります。本種は「キイロサナエ」によく似ていますが,胸部前面の「L」字紋は,本種が下方で幅が広くなるのに対し,キイロサナエの「L」字紋は全体が細くなります。また尾部付属器は,本種が下付属器が上付属器より短いのに対し,キイロサナエは下付属器が上付属器より長くなります。