ルリイトトンボ

トップ > トンボ目 > サナエトンボ科

 「ルリイトトンボ」は北海道から本州中部にかけて分布するイトトンボ科イトトンボ亜科のトンボです。成虫の出現時期は6月から9月で,高冷地の湖沼やその周辺で見ることができます。
 雄は全身が鮮やかなルリ色になり,雌は黒色の部分が多くなります。また黒色の部分は北方の個体ほど黒い部分が多くなります。羽化した未成熟の個体は水辺から離れて生活し,成熟すると再び水辺に戻ります。

 この個体は腹部のつけ根部分に横筋(丸で囲んだ部分)がありますが,これがあるのはルリイトトンボだけのようなので,同定しました。