コオニヤンマ

トップ > トンボ目 > サナエトンボ科

 「コオニヤンマ」は北海道から九州にかけて分布するサナエトンボ科ウチワヤンマ亜科のトンボです。成虫の出現時期は5月から9月で,河川の上流域から中流域にかけて多く見られます。
 体長はサナエトンボ科の中では日本最大種で,体の大きさに比べて頭部が小さく,後脚が長いのが特長です。全体に「オニヤンマ」に似ていることが名前の由来になっています。