ミヤマサナエ

トップ > トンボ目 > サナエトンボ科

 「ミヤマサナエ」は本州から九州にかけて分布するサナエトンボ科サナエトンボ亜科のトンボです。成虫の出現時期は5月から10月で,高山帯などで見ることができます。
 腹部の先が膨らんでおり,そこに黄色の斑紋があります。河川の中流域で羽化した後,成熟するにつれて山深くのぼっていきます。名前の由来は深い山で見られるところからつけられました。