ギフチョウ

トップ > チョウ目 > アゲハチョウ科

 「ギフチョウ」は日本固有種で本州に生息するアゲハチョウ科ウスバアゲハ亜科のチョウです。成虫は春だけに発生するので「春の妖精」とか「春の女神」などと呼ばれます。里山などで見ることができますが,近年里山の放棄や開発などによって絶滅危惧種に指定されています。
 「ヒメギフチョウ」とよく似ていますが,ギフチョウは前翅の一番外側に並ぶ黄色い筋の上部が内側にずれていることで見分けることができます。