ヒメシジミ(雄)

トップ > チョウ目 > シジミチョウ科

 「ヒメシジミ」は北海道から本州の高地にかけて分布するシジミチョウ科ヒメシジミ亜科のチョウです。成虫は年1回発生し,6月から8月にかけて見ることができます。
 幼虫の食草はアザミ類,ヨモギやヤマボクチなどのほか,オオイタドリなどで,食草の根元近くの枯れ葉に産み付けられた卵のままで越冬します。
 雌雄で翅の色が異なり,雄の翅は青色をしていますが、雌の翅は黒っぽい色をしています。