キタテハ(秋型)

トップ > チョウ目 > タテハチョウ科 > タテハチョウ亜科

 「キタテハ」は北海道から九州にかけて分布するタテハチョウ科タテハチョウ亜科のチョウです。成虫の出現時期は3月から11月で河原や荒れ地などで普通に見ることができます。
 夏型と秋型があり,秋型は夏型より黒い斑紋が小さく,翅の色が鮮やかです。秋型はそのまま越冬します。  (写真のものは秋型です。)

 翅の裏は茶褐色で,白色の「C」の模様があります。