ツマベニチョウ

トップ > チョウ目 > シロチョウ科

 「ツマベニチョウ」は九州南部から沖縄にかけて分布するシロチョウ科モンシロチョウ亜科のチョウです。成虫の出現時期は4月から11月頃で,雄は明るいところを好み人家周辺や林縁を飛び回りますが,雌はやや暗いところで見ることができます。
 シロチョウ科の中では最大の大きさで,「幸せを呼ぶチョウ」といわれています。翅の先端がオレンジ色をしているところから名前が付けられました。