カバタテハ

トップ > チョウ目 > タテハチョウ科

 「カバタテハ」は,タテハチョウ科カバタテハ亜科のチョウです。南方系の蝶で以前は日本には定着していないとされていましたが,近年では沖縄県の八重山諸島に定着しました。
 翅の表は茶色に黒っぽい筋が入り,先端近くに白い点があります。飛ぶときには滑空するようにゆるやかに飛びますが,幼虫の食草であるトウダイグサ科の植物からはあまり遠くに行くことはありません。