ゴマダラチョウ

トップ > チョウ目 > タテハチョウ科

 「ゴマダラチョウ」は北海道から九州にかけて分布するタテハチョウ科コムラサキ亜科のチョウです。成虫の出現時期は5月から8月で,低地から丘陵地の雑木林などで見ることができます。
 花に訪れることは少なく,樹液や獣糞,腐果などにやってきてその汁を吸います。幼虫で越冬しますが,冬になると幼虫は木下に降り,落ち葉の中で越冬し,春になると再び木に上り若い葉を食べて成長します。