スジボソヤマキチョウ

トップ > チョウ目 > シロチョウ科

 「スジボソヤマキチョウ」は本州から九州にかけて分布するシロチョウ科モンキチョウ亜科のチョウです。成虫の出現時期は6月から7月で,成虫のまま越冬します。  翅の裏は淡黄色で,ほぼ中央に小さな紋があり,前翅・後翅とも1箇所ずつ尖っているところがあります。本種は「ヤマキチョウ」とよく似ていますが,本種は翅の尖った部分が寄り強く出ており,翅の前縁がややえぐれています。山地性のチョウで,近年の森林の開発などで個体数は次第に減少しています。

 赤い腺の部分がややえぐれています。