ハナグモ

トップ > クモ綱 > カニグモ科

 「ハナグモ」は北海道から沖縄にかけて分布するカニグモ科のクモです。成虫の出現時期は4月から10月で,草原や林縁部などの葉の上や花の近くで見ることができます。
 体色は,雄は頭胸部と脚は赤褐色で腹部の中央部が緑色になり,雌は頭胸部と脚は緑色で腹部は白っぽくなります。また,腹部には褐色の斑紋があります。前脚は長く,左右に伸ばした姿がカニを思わせるところから「カニグモ」と呼ばれています。