トノサマガエル

トップ > カエル目 > アカガエル科

 「トノサマガエル」は本州から九州にかけて分布するアカガエル科のカエルです。平野部から低山にかけての池や水田付近に生息し,春から秋まで活動します。
 肉食性で,昆虫やクモのほか,小型のカエルやヘビなども補食します。動作は非常に敏捷で,捕まえるのは困難です。似た種類に「ダルマガエル」,「トウキョウダルマガエル」,「ナゴヤダルマガエル」がいますが,本種は背面の小隆条(細長い突起物)が,発達しているのでトノサマガエルだと思われます。