-トップへ-

北原白秋 作詞
弘田龍太郎 作曲

1
雨(あめ)がふります 雨(あめ)がふる
遊(あそ)びにゆきたし 傘(かさ)はなし
紅緒(べにお)の木履(かっこ)も 緒(お)が切(き)れた

2
雨(あめ)がふります 雨(あめ)がふる
いやでもお家(うち)で 遊(あそ)びましょう
千代紙(ちよがみ)折(お)りましょう たたみましょう

3
雨(あめ)がふります 雨(あめ)がふる
けんけん小雉子(こきじ)が 今(いま)啼(な)いた
小雉子(こきじ)も寒(さむ)かろ 寂(さび)しかろ

4
雨(あめ)がふります 雨(あめ)がふる
お人形(にんぎょう)寝(ね)かせど まだ止(や)まぬ
お線香(せんこう)花火(はなび)も みな焚(た)いた

5
雨(あめ)がふります 雨(あめ)がふる
昼(ひる)もふるふる 夜(よる)もふる
雨(あめ)がふります 雨(あめ)がふる