-トップへ-

アリラン

作詞者不詳
韓国民謡

1
アリラン アリラン アリランヨ
アリラン峠(とうげ)を 越(こ)えてゆく
私(わたし)を捨(す)てて 行(ゆ)くきみは
一里(いちり)も行(ゆ)かずに 足(あし)が痛(いた)む

2
アリラン アリラン アリランヨ
アリラン峠(とうげ)を 越(こ)えてゆく
広(ひろ)い夜空(よぞら)にゃ 星(ほし)も多(おお)く
おいらの暮(く)らしにゃ 苦労(くろう)も多(おお)い

3
アリラン アリラン アリランヨ
アリラン峠(とうげ)を 越(こ)えてゆく
絹(きぬ)のぼんぼりに 灯(あかり)りをともせ
都(みやこ)のぬしの お帰(かえ)りだ