-トップへ-

阿蘭陀船・手まり唄

北原白秋 作詞
山田耕筰 作曲

一(ひと)つ肥前(ひぜん)の長崎(ながさき)に
阿蘭陀船(おらんだふね)が 舞(ま)い込(こ)んだ
舞(ま)い込(こ)んだ

二(ふた)つ 不思議(ふしぎ)な切支丹(きりしたん)
判天連尊者(ばてれんそんじゃ)が 御土産(おみやげ)は
御土産(おみやげ)は

三(みい)つ 聖磔(みくるす) デウスさま
おん母(はは)マリヤの 観世音(かんぜおん)
観世音(かんぜおん)

四(よう)つ よい御子(みこ) 神(かみ)の御子(みこ)
洗礼(せんれい)なさるは ヨハネさま
ヨハネさま

五(いつ)つ イエスス キリストス
南無(なむ)や波羅葦僧(ハライソ) 善主麿(ゼンシュマロ)
善主麿(ゼンシュマロ)

六(むう)つ 厩(うまや)のまぐさ桶(おけ)
聖廟(おはか)は猶太(ユダヤ)のエルサレム
エルサレム

七(なな)つ 南蛮(なんばん) 爪哇(ジャワ)過(す)ぎて
呂宋(ルソン) 澳門(マカオ) 平戸灘(ひらとなだ)
平戸灘(ひらとなだ)

八(やあ)つ 病(やまい)にゃ蘭法医(らんぽうい)
解剖(ふわけ)のお書物(しょもつ) 麻睡薬(ますいやく)
麻睡薬(ますいやく)

九(ここの)つ コンダツ 顕微鏡(けんびきょう)
写真(しゃしん)に油絵(あぶらえ) 砂時計(すなどけい)
砂時計(すなどけい)

十(とお) 遠眼鏡(とうめがね) エレキテル
幻燈(げんとう)に 羅面琴(ラベイカー) オルゴオル
オルゴオル

みんな揃(そろ)えて
紅髯加比丹(あかひげかびたん)が
紅髯加比丹(あかひげかびたん)が
ジャガタラくろんぼを 喇叭(ラッパ)で呼(よ)びあつめ
アラ ラル ラル ラ
ホラ ラル ラル ラ
珍妙珍妙(ちんめょうちんめょう) 珍酡(ちんだ)のお酒(さけ)で ひとおどり
アラ ラル ラル ラ
ホラ ラル ラル ラ
まずまず 一船(ひとふね) あけました