-トップへ-

浦島太郎

作詞・作曲者不詳

1
昔(むかし) 昔(むかし) 浦島(うらしま)は
助(たす)けた亀(かめ)に連(つ)れられて
竜宮城(りゅうぐうじょう)へ来(き)てみれば
絵(え)にもかけない美(うつく)しさ

2
乙姫様(おとひめさま)の御馳走(ごちそう)に
鯛(たい)やひらめの舞踊(まいおどり)
ただ珍(めず)しくおもしろく
月日(つきひ)のたつのも夢(ゆめ)の中(なか)

3
遊(あそ)びにあきて気(き)がついて
お暇(いとま)乞(ご)いもそこそこに
帰(かえ)る途中(とちゅう)の楽(たの)しみは
土産(みやげ)に貰(もら)った玉手箱(たまてばこ)

4
帰(かえ)ってみれば こはいかに
もといた家(いえ)も村(むら)もなく
道(みち)に行(ゆ)きあう人々(ひとびと)は
顔(かお)も知(し)らない者(もの)ばかり

5
心細(こころぼそ)さにふたとれば
あけてくやしき玉手箱(たまてばこ)
中(なか)からぱっと白煙(しろけむり)
たちまち太郎(たろう)はおじいさん