-トップへ-

牛若丸

作詞・作曲者不詳

1
京(きょう)の五条(ごじょう)の 橋(はし)の上
大(だい)のおとこの 弁慶(べんけい)は
長(なが)い薙刀(なぎなた) ふりあげて
牛若(うしわか)めがけて 切(き)りかかる

2
牛若丸(うしわかまる)は 飛(と)び退(の)いて
持(も)った扇(おうぎ)を 投(な)げつけて
来(こ)い来(こ)い来(こ)いと 欄干(らんかん)の
上(うえ)へあがって 手(て)を叩(たた)く


前(まえ)やうしろや 右左(みぎひだり)
ここと思(おも)えばまたあちら
燕(つばめ)のような早業(はやわざ)に
鬼(おに)の弁慶(べんけい) あやまった