-トップへ-

菩提樹

近藤朔風 作詞
F.P.シューベルト 作曲

泉(いずみ)に沿(そ)いて 繁(しげ)る菩提樹(ぼだいじゅ)
慕(した)い行(ゆ)きては うまし夢(ゆめ)見(み)つ
幹(みき)には彫(え)りぬ ゆかし言葉(ことば)
うれし悲(かな)しに 訪(と)いしそのかげ

今日(きょう)もよぎりぬ 暗(くら)き小夜中(さよなか)
真闇(まやみ)に立(た)ちて 眼(まなこ)とずれば
枝(えだ)はそよぎて 語(かた)るごとし
「来(こ)よ いとし侶(とも) ここに幸(さち)あり。」

面(おも)をかすめて 吹(ふ)く風(かぜ)寒(さむ)く
笠(かさ)は飛(と)べども 棄(す)てて急(いそ)ぎぬ

はるか離(さか)りて 佇(たたず)まえば
なおも聞(き)こゆる 「ここに幸(さち)あり。」

はるか離(さか)りて 佇(たたず)まえば
なおも聞(き)こゆる 「ここに幸(さち)あり。」
「ここに幸(さち)あり。」