-トップへ-

祇園小唄

長田幹彦 作詞
佐々紅華 作曲

1
月(つき)はおぼろに 東山(ひがしやま)
霞(かす)む夜毎(よごと)の かがり火(び)に
夢(ゆめ)もいざよう 紅(べに)ざくら
しのぶ思(おも)いを 振袖(ふりそで)に
祇園(ぎおん)恋(こい)しや だらりの帯(おび)よ

2
夏(なつ)は河原(かわら)の 夕涼(ゆうすず)み
白(しろ)い襟(えり)あし ぼんぼりに
かくす涙(なみだ)の 口紅(くちべに)も
燃(も)えて身(み)を焼(や)く 大文字(だいもんじ)
祇園(ぎおん)恋(こい)しや だらりの帯(おび)よ

3
鴨(かも)の河原(かわら)の 水(みず)やせて
咽(むせ)ぶ瀬音(せおと)に 鐘(かね)の声(こえ)
枯(か)れた柳(やなぎ)に 秋風(あきかぜ)が
泣(な)くよ今宵(こよい)も 夜(よ)もすがら
祇園(ぎおん)恋(こい)しや だらりの帯(おび)よ

4
雪(ゆき)はしとしと まる窓(まど)に
つもる逢(お)うせの さしむかい
灯影(ほかげ)つめたく 小夜(さよ)ふけて
もやい枕(まくら)に 川千鳥(かわちどり)
祇園(ぎおん)恋(こい)しや だらりの帯(おび)よ