-トップへ-

鎌倉

芳賀矢一 作詞
作曲者不明

1
七里ヶ浜(しちりがはま)の 磯伝(いそづた)い,
稲村ヶ崎(いなむらがさき),名将(めいしょう)の
剣(つるぎ)投(とう)ぜし 古戦場(こせんじょう)。

2
極楽寺坂(ごくらくじざか) 越(こ)え行(ゆ)けば
長谷観音(はせかんのん)の 堂(どう)近(ちか)く
露坐(ろざ)の大仏(だいぶつ) おわします。

3
由比(ゆい)の浜(はま)べを 右(みぎ)に見(み)て
雪(ゆき)の下道(したみち) 過行(すぎゆ)けば,
八幡宮(はちまんぐう)の 御社(おんやしろ)。

4
上(のぼ)るや石(いし)の きざはしの
左(ひだり)に高(たか)き 大銀杏(おおいちょう),
問(と)わばや,遠(とお)き世々(よよ)の跡(あと)。

5
若宮堂(わかみやどう)の 舞(まい)の袖(そで)
しずのおだまき くりかえし
返(かえ)せし人(ひと)を しのびつつ。

6
鎌倉宮(かまくらぐう)に もうでては,
尽(つ)きせぬ親王(みこ)の みうらみに,
悲憤(ひふん)の涙(なみだ) わきぬべし。

7
歴史(れきし)は長(なが)き 七百年(しちひゃくねん),
興亡(こうぼう)すべて ゆめに似(に)て,
英雄(えいゆう)墓(はか)は こけ蒸(む)しぬ。

8
建長(けんちょう)円覚(えんがく) 古寺(ふるでら)の
山門(さんもん)高(たか)き 松風(まつかぜ)に,
昔(むかし)の音(おと)や こもるらん。