-トップへ-

落葉松

北原白秋 作詞
長村金二 作曲

1
からまつの 林(はやし)を過(す)ぎて
からまつを しみじみと見(み)き
からまつは さびしかりけり
旅(たび)ゆくは さびしかりけり

2
からまつの 林(はやし)を出(い)でて
からまつの 林(はやし)に入(い)りぬ
からまつの 林(はやし)に入(い)りて
また細(ほそ)く 道(みち)はつづけり

3
からまつの 林(はやし)の奥(おく)も
わが通(とお)る 道(みち)はありけり
霧雨(きりさめ)の かかる道(みち)なり
山風(やまかぜ)の かよう道(みち)なり

4
からまつの 林(はやし)の道(みち)は
われのみか ひともかよいぬ
ほそぼそと 通(かよ)う道(みち)なり
さびさびと いそぐ道(みち)なり

5
からまつの 林(はやし)を過(す)ぎて
ゆえしらず 歩みひそめる
からまつは さびしかりけり
からまつと ささやきにけり

6
からまつの 林(はやし)に出(い)でて
浅間嶺(あさまね)に けぶり立(た)つ見(み)つ
浅間嶺(あさまね)に けぶり立(た)つ見(み)つ
からまつの またそのうえに

7
からまつの 林(はやし)の雨(あめ)は
さびしけど いよいよしづけし
かんこ鳥(どり) 鳴(な)けるのみなる
からまつの 濕(ぬ)るるのみなる

8
世(よ)の中(なか)よ あわれなりけり
常(つね)なれど うれしかりけり
山川(やまかわ)に 山(やま)がわの音(おと)
からまつに からまつのかぜ