-トップへ-

かぞえうた

わらべうた

1
一(ひと)つとや ひと夜(よ)あければ
にぎやかで にぎやかで
おかざり立(た)てたる
松(まつ)かざり 松(まつ)かざり

2
二(ふた)つとや ふたばの松(まつ)は
色(いろ)ようて 色(いろ)ようて
三(さん)がい松(まつ)は
春日山(かずがやま) 春日山(かすがやま)

3
三(みっ)つとや 皆(みな)さんこの日(ひ)は
楽(らく)あそび 楽(らく)あそび
春(はる)さき小窓(こまど)で
羽根(はね)をつく 羽根(はね)をつく

4
四(よっ)つとや 吉原女子衆(よしはらおなごしゅう)は
手(て)まりつく 手(て)まりつく
手(て)まりの拍子(ひょうし)の
おもしろや おもしろや

5
五(いつ)つとや いつも変(か)わらぬ
年(とし)おとこ 年(とし)おとこ
お年(とし)はとらいで
嫁(よめ)をとる 嫁(よめ)をとる

6
六(むっ)つとや 無病(むびょう)で結(むす)んだ
玉(たま)ずさを 玉(たま)ずさを
雨風(あめかぜ)ふけども
まだとけぬ まだとけぬ

7
七(なな)つとや 南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)と
手(て)をあわせ 手(て)をあわせ
後生願(ごしょうねが)いの
おじじさま おばばさま

8
八(やっ)つとや やわらこの子(こ)は
千代(ちよ)の子や 千代(ちよ)の子や
お千代(ちよ)で育(そだ)てた
お子(こ)じゃもの お子(こ)じゃもの

9
九(ここの)つとや ここへござれや
ねえさんや ねえさんや
白足袋雪駄(しろたびせった)で
ちゃらちゃらと ちゃらちゃらと

10
十(とう)とや 年神様(としがみ)の
お飾(かざ)りは お飾(かざ)りは
橙(だいだい) 九年母(くねんぼ)
ほんだわら ほんだわら