-トップへ-

恋のために

小林愛雄/清水金太郎 作詞
アイヒベルグ 作曲

1
恋(こい)のために 身(み)はとらわれ
わが魂(たましい)の 頼(たよ)りなさ
かの手(て)を とるのは
いつの日(ひ) いつの日(ひ)
いつまで わが身(み)は悲(かな)しむ
鳥(とり)はうち群(む)れて 鳴(な)けども
わが身(み)は ひとりし嘆(なげ)くか アー
ハイホ

2
わが胸(むね)は 痛(いた)み迷(まよ)いて
死(し)ぬまで つらきため息(いき)か
かいなき わが恋(こい)
とぐるは いつの日(ひ)
いつまで この身(み)はわびしき
鳥(とり)はうち群(む)れて 鳴(な)けども
わが身(み)は ひとりし嘆(なげ)くか アー
ハイホ