-トップへ-

児島高徳

作詞者不詳
岡野貞一 作曲

1
船坂山(ふなさかやま)や杉坂(すぎさか)を
御(み)あと慕(した)いて 院(いん)の庄(しょう)
微衷(びちゅう)をいかで 聞(き)こえんと
桜(さくら)の幹(みき)に 十字(じゅうじ)の詩(し)
『天勾践(てんこうせん)を 空(むな)しゅうするなかれ
時范蠡(ときはんれい) 無(な)きにしも非(あら)ず』
 
2
御心(みこころ)ならぬ いでましの
御袖(みそで) 露(つゆ)けき朝戸出(あさどで)に
誦(ず)んじて笑(え)ます かしこさよ
桜(さくら)の幹(みき)の 十字(じゅうじ)の詩(し)
『天勾践(てんこうせん)を 空(むな)しゅうするなかれ
時范蠡(ときはんれい) 無(な)きにしも非(あら)ず』