-トップへ-

小諸なる古城のほとり

島崎藤村 作詞
弘田龍太郎 作曲

小諸(こもろ)なる古城(こじょう)のほとり
雲(くも)白(しろ)く遊子(ゆうし)悲(かな)しむ
緑(みどり)なす繁縷(はこべ)は萌(も)えず
若草(わかくさ)も籍(し)くによしなし
しろがねの衾(ふすま)の岡辺(おかべ)
日(ひ)に溶(と)けて淡雪(あわゆき)流(なが)る

あたたかき光(ひかり)はあれど
野(の)に満(み)つる香(かおり)も知(し)らず
浅(あさ)くのみ春(はる)は霞(かす)みて
麦(むぎ)の色(いろ)わずかに青(あお)し
旅人(たびびと)の群(む)れはいくつか
畠中(はたなか)の道(みち)を急(いそ)ぎぬ

暮行(くれゆ)けば浅間(あさま)も見(み)えず
歌(うた)哀(かな)し佐久(さく)の草笛(くさぶえ)
千曲川(ちくまがわ)いざよう波(なみ)の
岸近(きしちか)き宿(やど)にのぼりつ
濁(にご)り酒(ざけ)濁(にご)れる飲(の)みて
草枕(くさまくら)しばし慰(なぐさ)む