-トップへ-

荒城の月

土井晩翠 作詞
瀧 廉太郎 作曲

1
春高楼(こうろう)の 花(はな)の宴(えん)
廻(めぐ)る盃(さかずき) かげさして
千代(ちよ)の松(まつ)が枝(え) わけ出(い)でし
昔(むかし)の光(ひかり) いまいずこ

2
秋陣営(じんえい)の 霜(しも)の色(いろ)
鳴(な)きゆく雁(かり)の 数(かず)見(み)せて
植(う)うる剣(つるぎ)に 照(て)りそいし
昔(むかし)の光(ひかり) いまいずこ

3
いま荒城(こうじょう)の 夜半(よわ)の月(つき)
替(かわ)わらぬ光(ひかり) 誰(た)がためぞ
垣(かき)に残(のこ)るは ただ葛(かずら)
松(まつ)に歌(うた)うは ただ嵐(あらし)

4
天上(てんじょう)影(かげ)は 替(かわ)らねど
栄枯(えいこ)は移(うつ)る 世(よ)の姿(すがた)
写(うつ)さんとてか 今(いま)もなお
嗚呼(ああ)荒城(こうじょう)の 夜半(よわ)の月(つき)