-トップへ-

夏は来ぬ

佐佐木信綱 作詞
小山作之助 作曲

1
卯(う)の花(はな)の 匂(にお)う垣根(かきね)に
時鳥(ほととぎす) 早(はや)も来(き)なきて
忍音(しのびね)もらす 夏(なつ)は来(き)ぬ

2
さみだれの そそぐ山田(やまだ)に
早乙女(さおとめ)が 裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植(う)うる 夏(なつ)は来(き)ぬ

3
橘(たちばな)の かおる軒場(のきば)の
窓(まど)近(ちか)く 螢(ほたる)飛(と)びかい
おこたり諫(いさ)むる 夏(なつ)は来(き)ぬ

4
楝(おうち)ちる 川(かわ)べの宿(やど)の
門(かど)遠(とお)く 水鶏(くいな)声(こえ)して
夕月(ゆうづき)すずしき 夏(なつ)は来(き)ぬ

5
五月闇(さつきやみ) 螢(ほたる)飛(と)びかい
水鶏(くいな)なき 卯(う)の花(はな)咲(さ)きて
早苗(さなえ)植(う)えわたす 夏(なつ)は来(き)ぬ