-トップへ-

ローレライ

海野 厚 作詞
中山晋平 作曲

1
なじかは知(し)らねど 心(こころ)わびて,
昔(むかし)の伝説(つたえ)は そぞろ身(み)にしむ。
寥(さび)しく暮(く)れゆく ラインの流(なが)れ,
入日(いりひ)に山々(やまやま) あかく栄(は)ゆる。

2
美(うるわ)し少女(おとめ)の 巌頭(いわお)に立(た)ちて,
黄金(こがね)の櫛(くし)とり 髪(かみ)のみだれを,
梳(す)きつつ口吟(くちずさ)む 歌(うた)の声(こえ)の,
神怪(くすし)き魔力(ちから)に 魂(たま)もまよう。

3
漕(こ)ぎゆく舟(ふな)びと 歌(うた)に憧(あこが)れ,
岩根(いわね)も見為(みや)らず 仰(あお)げばやがて,
浪間(なみま)に沈(しず)むる ひとも舟(ふね)も,
神怪(くすし)き魔歌(まがうた) 謡(うた)うローレライ。