-トップへ-

城ヶ島の雨

北原白秋 作詞
梁田 貞 作曲

雨(あめ)はふるふる 城ヶ島(じょうがしま)の磯(いそ)に
利休鼠(りきゅうねずみ)の 雨(あめ)がふる

雨(あめ)は真珠(しんじゅ)か 夜明(よあけ)けの霧(きり)か
それともわたしの 忍(しの)び泣(な)き

舟(ふね)はゆくゆく 通(とお)り矢(や)のはなを
濡(ぬ)れて帆(ほ)上(あ)げた ぬしの舟(ふね)

ええ 舟(ふね)は櫓(ろ)でやる 櫓(ろ)は唄(うた)でやる
唄(うた)は船頭(せんどう)さんの 心意気(こころいき)

雨(あめ)はふるふる 日(ひ)はうす曇(ぐも)る
舟(ふね)はゆくゆく 帆(ほ)がかすむ