-トップへ-

さすらいの唄

北原白秋 作詞
中山晋平 作曲

1
行(ゆ)こか戻(もど)ろか 北極光(オーロラ)の下(した)を
露西亜(ロシア)は北国(きたぐに) はてしらず
西(にし)は夕焼(ゆうや)け 東(ひがし)は夜明(よあ)け
鐘(かね)が鳴(な)ります 中空(なかぞら)に

2
泣(な)くにゃ明(あか)るし 急(いそ)げば暗(くら)し
遠い灯(あかり)も チラチラと
とまれ幌馬車(ほろばしゃ) やすめよ黒馬(あお)よ
明日(あす)の旅路(たびじ)が ないじゃなし

3
燃(も)ゆる思(おも)いを 荒野(あれの)にさらし
馬(うま)は氷(こおり)の 上(うえ)を踏(ふ)む
人(ひと)はつめたし 我(わ)が身(み)はいとし
町(まち)の酒場(さかば)は まだ遠(とお)し

4
わたしゃ水草(みずぐさ) 風(かぜ)吹(ふ)くままに
流(なが)れ流(なが)れて はてしらず
昼(ひる)は旅(たび)して 夜(よ)は夜(よ)で踊(おど)り
末(すえ)はいずくで 果(は)てるやら